ゆきだより。。日々つれづれ

marouje.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 08月 04日

トビモンオオエダシャク 幼虫

Gremz:エコバッグ
おばあちゃんが、枝を切っていたら、シャクトリムシが居たと教えてくれた。
枝に擬態している。7~80mmくらい。
何シャクだろうか?(・_・")?

イモムシ ハンドブックとネットで調べたら、トビモンオオエダシャクの幼虫みたいだ。

見た目で擬態して、枝になりきっているようだが。。
こんな事も書いてあった。

「トビモンオオエダシャクの幼虫は,植物の枝に視覚擬態することで鳥類からの補食を免れているが,もう一つの天敵であるアリ類が,視覚よりも嗅覚などの化学感覚によって餌探索をおこなうことから,その攻撃を免れる為,体表ワックスの組成でも寄主植物の枝の成分に化学擬態している。」とある。いかにも学術的で少々難しい表現だが,要するにトビモンオオエダシャクの幼虫は寄生している植物と同じ臭いを発散して,アリ類の嗅覚を欺いているようだ。

臭いなども枝と同じようにしていたとは?ビックリ!(゜゜;)

c0116915_040358.jpg
E-620 50mmMacro+EC-14



c0116915_0405252.jpg


顔のドアップ!
c0116915_0411244.jpg


8月3日

by marouje6475 | 2011-08-04 00:41 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://marouje.exblog.jp/tb/16683434
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 晴れて青空      パソコン初心者相談室 >>