2007年 09月 24日

溝蕎麦(ミゾソバ)

水の流れのそばに溝蕎麦の花が咲いていた。
葉の形がソバの葉に似ていて、溝(みぞ)のような湿ったところを好むのことから。「ミゾソバ」の名がつけられた。
別名の「うしのひたい」は、葉の形が牛の顔に似ているからであるらしい。
タデ科イヌタデ属。

c0116915_21215963.jpg
E-500 50mmMacro+EC-14

c0116915_21223722.jpg
E-500 50mmMacro+EC-14

c0116915_2123670.jpg
E-500 50mmMacro+EC-14(トリミング)

c0116915_21234383.jpg
E-500 50mmMacro+EC-14

c0116915_21241963.jpg
E-500 50mmMacro+EC-14
西の谷の草はら

by marouje6475 | 2007-09-24 21:24 | 植物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://marouje.exblog.jp/tb/7041127
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< コミスジ      夷草(えびすぐさ) >>