ゆきだより。。日々つれづれ

marouje.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 12月 11日

「第77回新制作絵画展」と「シャガール展」&衣装を着て変身!

「そよかぜ」の友達と4人で、県立美術館で開催中の、「第77回新制作絵画展」と「シャガール展」と「常設展」へ行った。
c0116915_23534887.jpg


c0116915_2354354.jpg
E-620 ZD14-54mm



県立美術館。
c0116915_23551455.jpg


「新制作絵画展」のマーク。
c0116915_2358532.jpg


シャガール展の入り口のところに、衣装があった。
c0116915_23555684.jpg


着てもいいという事だった。
c0116915_23572970.jpg


誰か?着たらいいのにと思っても、人の目に晒されるので、じゃんけんをして、着る人を決めたが、〇〇さんになった。
斜め後ろから撮ったもの。
c0116915_2358585.jpg


前から。
c0116915_051738.jpg


c0116915_053382.jpg


c0116915_07338.jpg


c0116915_071574.jpg


常設展の後、ちょっと椅子に。。
c0116915_074593.jpg

〒730-0014 広島県広島市中区上幟町2−22
電話:082-221-6246
広島県立美術館
12月11日

「新制作絵画展」は、木下 和先生から、招待券が届いていて、それで入場した。
大きな作品ばかりで、100枚くらいあった。
地下1階の県民ギャラリーの部屋が、すべて作品で埋め尽くされていた。
出品者は、毎年毎年、大きな作品を描いて、いったいどこに保管されているのか?みんなで、疑問に思った。
描くのでさえ、広いアトリエが要りそうである。``r(^^;)

次にシャガール展へ行った。
パリ オペラ座 の 天井絵の下絵、オペラの衣装のデザイン、聖書のための原画や、ハサダー医療センター付属シナゴーグのステンドグラスのための下絵など、南仏での安息-晩年の境地の作品もあった。
絵だけでなく、焼き物の皿に彩色したものや、エッチング、彫刻、職人に織らせたゴブラン織りなどもあった。

入口に、中世のドレスが展示してあり、来て写真を撮ってもいいとの事で、誰か?着たらいいのにと思っても、人の目に晒されるので、じゃんけんをして、着る人を決めたが、kさんになった。
それで、着て貰い、ワクワクしながら、写真を撮った。
こういう事は、4人くらい行かなければ、できない事かも?と思った。
♪o(^0^o)♪o(^-^)o♪(o^0^)o ♪

次に常設展に行った。
新しくなって常設展に行くのは初めてだった。
いろんな作品があった。

by marouje6475 | 2013-12-11 23:58 | 風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://marouje.exblog.jp/tb/21093985
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< SUZU CAFE -Gran...      アルカディアビリッジへ。。 >>