ゆきだより。。日々つれづれ

marouje.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 09月 21日

ゴッホ展-空白のパリを追う

県立美術館で開催中のゴッホ展にも行った。7月22日(月)~9月23日(月)
c0116915_0392739.jpg
E-620 ZD14-54mm
9月20日



空白のパリを追うと言うもので、代表作のひまわりなどはなかった。
多かったのが、自画像だった。
絵をX線撮影して、一度描いた上に描いたものがあったりした事など、時代が進んで発見できた事などが詳しく展示されていた。
それから、あの時代の油絵の具は退色する事も展示で示されていた。
したがって、ゴッホが生きた時代と、絵の色が変わっているものが多くあるみたいだった。
ゴッホの絵は、絵の具を厚く塗るのが多いのかと思っていたら、浮世絵に影響されて、薄いものや、構図などもいろいろ工夫されたり、ゴッホは試行錯誤で、いろんな手法で絵を描いていたという事も示されていた。
今回、初めて音声ガイドを聞きながら、1時間ほどで回った。

by marouje6475 | 2013-09-21 00:51 | 風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://marouje.exblog.jp/tb/20755501
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 縮景園      曼陀羅アート展「ひとつになる」 >>